プリンターにかかるトナー代を節約する

種類がある

ホワイトボードのタイプ

ホワイトボードはオフィスでは欠かすことのできないものです。ミーティング中での使用や、伝言や、社員のスケジュール把握など、あれば便利で、なければ困るものの1つと言ってよいでしょう。このホワイトボードですが、最も売り上げのあるものがシンプルで無地のキャスター付きのものです。移動も楽ですし、全面無地であることで自由に使用することができます。またマグネットで資料なども貼ることができますので、応用性のあるものになります。また、ホワイトボードのボード部分ですが、2種類の素材があります。1つはスチールタイプでもう1つはホーロータイプです。一般的にオフィスで使用されているのがスチールタイプだと思いますが、こちらはホーロータイプよりも少し軽量で、安価です。一方、ホーロータイプはスチールタイプよりも耐久性があり、ペンで書き直しが目立たない特性を持っています。どちらにするかは、使用頻度や使用場所などを考慮して検討するとよいと思います。

オフィススペースを有効に活用するタイプ

このホワイトボードですが、キャスター付きですと移動も便利だと思います。しかし、ネックなのが場所を取ることではないでしょうか。キャスター付きの足があることで、壁沿いに配置したとしても、余計なデッドスペースができてしまい、オフィススペースが狭くなるというデメリットもあります。しかし、最近ではこの足のスペースのデッドスペースをなくすことができるタイプのキャスター付きホワイトボードもあります。オフィス家具のカガクロでは足をT字ではなく、L字にすることで壁とホワイトボードを密接することができ、余計なデッドスペースをなくすことができるのです。こちらは片面で使用するタイプになりますが、両面も使わない場合でしたら是非おすすめの商品です。

Copyright© 2015 OA機器は現代社会に必要不可欠~社会の危機から回避する危機~ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com